読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真で振り返る、2か月で脱サラするまでと、それからの地獄。(地獄の短期バイトプラカード持ち)

前回は無職絶頂編を書きました。

ochiainowife.hatenablog.com

 

突然訪れた地獄

無職になってから、ひたすら遊びまくった。

お金の事は考えていなかった。いつか働くから、絶対無くならないかと思っていた。

異変に気づいたのはご飯と体重。みるみるうちに激やせしていった。

社会人の頃と生活の質の比較ができる、いい写真がフォルダにあった。

同じ素材なので非常に分かりやすい。

 

これが社会人の頃のご飯。

f:id:ochiainowife:20170401210159j:plain

 

これが無職のご飯。

f:id:ochiainowife:20170401210207j:plain

 

まあこうゆうことです。

 

派遣。

流石の僕も派遣バイトに行くことにした。

明日の生活が保障できなくなってきたためだ。

普通にバイトを始めたとしても、給料が入るのは入社してから一ヶ月後。それでは遅い。働くだけ働いて、給料日にはこの世にいないかもしれない。

なので3日後には給料をもらえる派遣バイトを選んだ。

 

選んだ派遣のバイトは面接なし、現地集合のプラカード持ちのバイト。

ひたすら不動産のプラカードを8時間持つバイト。

 

忘れもしない屈辱の初プラカード持ち

初日は、二子玉川でのプラカード持ちであった。

集合場所にはおっさんが一人いた。気さくな感じで、ずっとヘラヘラしているおっさんだ。

集合場所に派遣会社の人がいるという話だったが、姿を見せず

プラカードをまず、バスに乗って不動産会社に取りに行けと言われた。

バスで20分、そこから歩いて15分のところに不動産会社はあった。

この往復のバス代は出ない。

場所が分からなかったため、少し遅刻してしまった。

おっさんは「さ、じゃプラカード持ってこよっか」と僕に言い放ち

そこから動こうとしない。

結果、僕だけが不動産会社に怒鳴り散らされた。

ちなみに二日目も、このおっさんと同じだったが、この人は肝心なところは全部俺にやらせようとした。

2日目は僕から「プラカード持ってきてもらっていいですか?」

というと

おっさんは「うん、そうしよう」

と言って、お互いその場から5分は動かなかった。結局僕が取りに行った。

 

驚きだったのは、プラカードのサイズである。木製で2メートルくらいあり、とても重かった。このプラカードを持ちながら15分歩きバス停に戻り、

運転手と二子玉川に向かうエセ貴婦人に、めちゃくちゃ嫌な顔をされながらバスに乗るのだ。

土曜日なのに、プラカード持ってスーツ着て、おっさんと二人で

道行く人全員に「可哀想」と思われている気がした。可哀想と思われるくらいなら、いっそ笑い飛ばして欲しかった。

俺とおっさんがバスに乗ると、車内の空気が一瞬重くなるのを感じた。

変な人がいきなり電車に乗ってきた時、車内全員が出すあの空気感の10分の1くらいのやつだ。その原因が自分であることにびっくりした。

 

敷地内と敷地外

二子玉川でデパート前でひたすらプラカードを持つ。

f:id:ochiainowife:20170401212603j:plain

 

親は良いスーツを着ろと、金がない中、高いスーツを買ってくれた。

親に会社を辞めたことは言えていない。

良いスーツでプラカードを持つことが切なくなってきた。

この時はもう精神的にかなりやられていたから、ネガティブなことしか

頭の中に浮かばなかった。

そんな中、急に土砂降りの雨が降ってきた。

おっさんは慣れた手つきで、カッパをリュックから取り出し、即着用していた。

僕のスーツがびちょびちょに濡れていった。

おっさんはびちょびちょになる俺に一言、「休憩入るわ」といってどこかに消えていった。

 

デパートの敷地には絶対に入ってはいけないと、僕は不動産に言われていた。

僕はデパートの目の前に立っていた。

急な雨だったので、僕のすぐ後ろに、二子玉川で日常をお過ごしの方達が雨宿りをしていた。

一歩でも後ろに下がれば、僕は雨に打たれず済んだのにそれをしてはいけなかった。

一歩後ろで、20人くらいの人達が雨宿りをしながら僕を見ていた。

「可哀想」

という声が聞こえて、心が折れそうになった。

「どこが可哀想なんだよ。これお金もらえてますから!!!!」と怒鳴りつけたくなった。

恥ずかしくてたまらなくて、あの日のことはもう忘れやしないだろう。

あのデパートの敷地内と敷地外の差は、雨に濡れている濡れていない、

以外のことでも、あらゆることを表していた。

 

 

帰り道

帰り道、バスの中でおっさんと話をしていた。

僕だけびしょびしょだったから、とっても寒かった。

おっさんは僕に何でこんなところで働いているのか尋ねた。

「芸人を目指していて、今はお金がない。今日食べる金がない」

と言ったら

「いいねえ!!若くて!!夢あって!!!」とその日イチバンの笑顔を見せた。

おっさんは蜜の味が好きらしい。

 

おっさんは帰り道ボソッと

「お金がない時は寝てるのがいいよ。金かかんないから」と僕にいった。

後日派遣会社の人から聞いたのだが、そのおっさんは派遣会社をクビになったらしい。

おっさん寝てんのかな。起きた方がいいぞ。

俺もおっさんも時間がないだろ