読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「3」という数字に縛られている話

僕は中学生の頃から「3」という数字にかなり囚われている。

学生の頃から悩みが絶えなかった。

「今日、ああいう言い方しちゃったけど、嫌われたかな?」

「俺、教室を変な空気にしたかな」

「みんな実は俺のことを嫌いなのではないか?」

等々根拠のない不安と、ずっと戦っていた。

これではラチがあかないということで、

僕は「悩みを考えるのは3回まで」と決めた。

1回目の「悩みを考えるタイム」は学校に行く前、2回目は帰宅後

3回目は「お風呂」

悩みを考えるタイムの終了のお知らせは、自分の後頭部をおもいっきし

叩く。頭の中から外へ、悩みを飛び出させるというイメージだ。

 

最近知ったのだが、この方法は案外間違っていなく、昔読んだ心理学の本に

思考とは「癖」で切り替えるには「きっかけ」を与えることが必要だと書いてあった。

野球選手が靴紐を結んで、試合モードに切り替えたりするのと同じだ。

イチローが毎日カレーを食べる「癖付け」のようなものなのかもしれないが、

生憎中学生の僕には365日分のカレールーを持ち合わせていなく

自分の後頭部をぶっ叩くことしか出来なかった。

一度、頭の前の部分を叩いたところ、「悩み」が頭の中に突き刺さって

永遠と悩まなければならない気がしたので、後頭部から叩くことにした。

 

やり続けていると、案外うまくいってかなり一日が楽になった。

 

「3」の名残

「3」という数字が脳にこびりついてしまったことで、今もそれが落ちない。

未だに悩みを考えていいのは3回まで。「4」という数字にかなりマイナスなイメージを持っているので、4回目の「悩みを考えるタイム」にはどうやったって突入できないのも、よくできている。と、中学時代の「僕」に感心した。

 

一番「3」に頭を侵されていた頃

この頃は、統合失調症らしき兆候が見られていたので、僕は余計「3」に侵された。

統合失調症の頃の話はこちらで。↓↓↓比較的ポップにまとめてます。)

ochiainowife.hatenablog.com

 

鍵を閉めたか確認していいのも3回まで。

ガスの元栓を3回まで。

何もかも3回まで。

「癖」とは恐ろしいもので、大学生時代は何をやるのも「3回」やらないと

気が済まなくなってきた。

2回鍵が閉まっているのを確認しても、3回鍵が閉まっているのを確認しないと、鍵が閉まっていないと思っていた。

何もかも「3回」やっていたので、外出しようと決めてから

①「二階のロフト、リビング、トイレ、風呂の電気の確認✖︎3セット」

②「ガスの確認✖︎3セット」

③「鍵の確認✖︎3セット」

をしなければならいので15分はかかった。

1番僕が嫌っだのは、やっとの思いで外に出ることができ、

鍵の確認に入る時、3回目のチェックで

「本当に閉まっている?」という疑念が生まれしまう、時である。

これが起きてしまうと僕はとても困ってしまう。

「4回目」の鍵の確認はできないからである。

そこで僕が今まで培ってきた、「癖」のコンボが発動する。

 

「4回目の鍵チェックが生まれてしまう」

「悩み」となる

後頭部を叩いてリセット

①「二階のロフト、リビング、トイレ、風呂の電気の確認✖︎3セット」へ戻る

②「ガスの確認✖︎3セット」

③「鍵の確認✖︎3セット」を失敗

「4回目の鍵チェックが生まれてしまう」

「悩み」となる

後頭部を叩いてリセット

①「二階のロフト、リビング、トイレ、風呂の電気の確認✖︎3セット」へ戻る

②「ガスの確認✖︎3セット」

③「鍵の確認✖︎3セット」を成功

外出成功!!!!

 

と言ったアルゴリズムで無事外出することが出来ていたのである。

 

助けてくれる時もある「3」 

「3」が助けてくれる時もある。

僕は考えてはいけないことを、考えたくなる癖があり(皆あると思う)

それが顕著に出るのが、エロいことを考えている時である。

そんな時「3」が助けてくれる。

 

大学生の時、淫夢を見た時のこと。

夢の中で、意識ははっきりしていた。僕の上に跨り、腰を振る女がいた。

「これは夢だ。」と気づいたと同時に

「この快感は現実で誰かにいれられてる可能性がある」と思ったほどの

心地よさが僕を包んだ。

 

しかし顔がのっぺらぼうであった。すぐさま、自分で顔を考えなくては勿体無いと思った時、考えてはいけないことを考えたくなってきたので。

「1回目の顔チェンジ」は 男友達の顔になった。

友人が俺に腰を振りまくるもんだから、これは良く無いと

急いで

「2回目の顔チェンジ」

すると、幼い頃、僕に良くでんろく豆をくれた、母方のおばあちゃんの顔になってしまった。やっば!!

チャンスはあと、1回。3回目で美女の顔に!!

だけど、変な顔も考えたい!!うわ!!!フィニッシュしてしまう!!

母方のおばあちゃんの顔ではイケない!!とにかく顔を変えなくては!!

 

と「3回目の顔チェンジ」で腰を振る女体の顔は僕の顔になり

そのまま夢精してしまったのだ。

 

3回切り替えるという「癖」がなかったら、危うく、

1番夢精してはイケない人で、夢精してしまうところだったのだ。

父方ならまだしも。

 

今も「3」の癖は多少あるが、だいぶマシになったと思う。

 

〜終わり〜

〜終わり〜

〜終わり〜